栗城史多さんが僕にくれたもの〜エベレスト登頂することを決意するに至るまで④〜

f:id:nackk79:20180805124120j:plain

登山家 栗城史多氏 エベレストで滑落死

5月21日、エベレスト登頂へ8回目挑戦中だった栗城史多さんがで遺体で発見された、というニュースが入ってきた。

そのニュースを知った時点で私は失礼ながら栗城さんの名前は知っていたぐらいで、今年もエベレストに登っていたこともニュースを見るまで知りませんでした。

 

ニュースを知った後、ネットでは彼の非業の死を悼む声、言わんこっちゃないといわんばかりに実力にあった登山ではなかったと批評する声、などさまざまなことが書かれていました。

自分もそれらのカキコミを読み、わかったかのように周囲に話していました。

 

百聞は一見に如かず 自分も行くしかない!

でも、「ちょっと待てよ…」と、ある時ふと思ったのです。

エベレストにも行ったことがない奴が栗城さんのことをとやかく言う資格が果たしてあるのだろうか?と。それは違うんじゃないか、と思いました。

 

私は素直に8回もチャレンジしたという事実がすごいなと思いましたし、自分はまだ8,000mの世界に行ったこともないから、そこがどんな世界なのか当然知らないわけです。

彼の登山スタイル云々なんてどうでもよくて、同じ山をやる人間としてその差はでかいな、と思いました。

ならば自分も行くしかないなと。私は自分の目で肌で全身でそこがどんな世界なのか体感したい!と思いました。

悲しいかな、栗城さんの死が私にエベレストへ意識を向けてくれたのです。

 

ちょうどその頃、ガイド試験を受ける直前で「こんな大した登山経験もないのにガイドなんてやってどうするのか。自分はいったい何を目指して登山するのだろうか」と、自分の登山の方向性について考えていた時期でした。

 

妻に宣言「8,000m峰に登る」

そんななか、ある日、妻が何気なく私に言った言葉が私に火をつけたのです。

「あなたが一流になりたいなら一流の人と付き合いなさい。」

この言葉を聞いて、私は妻に「自分も8,000m峰目指します。」と宣言したのです。

こうしたことが重なり合っておこり、私はエベレストを意識し始めたのでした。

 

エベレスト登頂することを決意するに至るまでの話③

自分はADHDかもしれない、と思い私は精神科に行き、医師に相談しました。

まずは身体的な原因を排除するため、血液検査や心電図などの検査を行いました。

結果は、特に異常はありませんでした。

 

 

f:id:nackk79:20180720010849j:plain

IQテスト「ウェイススリー(WAIS-Ⅲ)」を受けた

後日、身体的な異常がないことを確認した医師は、得意なことと苦手なことを見極める心理テストをしましょう、と切り出しました。

臨床心理士による「ウェイススリー(WAIS-Ⅲ)」と呼ばれる知能検査の一種で、いわゆる「IQ」を検査するテストを受けました。

 

「ウェイススリー(WAIS-Ⅲ)」ってなに?

そもそも「ウェイススリー(WAIS-Ⅲ)」とは何なのか?ご存知ない方が多いと思います。

まずは基本的な情報。

◎ウェイススリー(WAIS-Ⅲ)基本情報

・適用範囲: 16歳 ~ 89歳
・受検条件: 公的病院の場合は医師の推薦が必要
・実施時間: 60分 ~ 95分
・結果が出るまでの時間: 1週間程度
・実施機関: 医療機関(精神科)、大学の相談室、民間のカウンセリングルームなど
・実施する人: 日本文化科学社の定める使用者レベルに適合する専門家
・検査費用: 1350円~2万
・保険適用の可否: 保険適用あり

総合病院など公的病院で検査を受ける場合は、保険内診療となります。その際は、診療報酬点数が450点となり、規定に基づき、自己負担額が3割の場合、負担費用は1350円となります。診断書もしくは報告書を書いてもらう場合には、別途料金がかかります。こちらの料金は病院ごとに異なりますので、近くの病院に問い合わせてみてください。

出典:WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ【LITALICO発達ナビ】

 

 こちらの方のブログも参考に。

www.yomocracy.com

 「IQ」とは、「同世代の集団においてどの程度の発達レベルか」を表した数値です。平均値=「IQ100」と決まっています。同世代平均に比べて点数が高ければIQが100以上、平均より低ければIQ100以下、という数字になります。 

 なぜWAIS-Ⅲを受けるの?

このテストを受けることにより、「どんなことが得意でどんなことが苦手なのか」がわかるようになります。成人向け知能検査であるWAIS-Ⅲは、全検査IQ、言語性IQ、動作性IQという3つのIQのほか、言語理解(VC)、知覚統合(PO)、作動記憶(WM)、処理速度(PS)という4つの群指数を測ることができます。これによって、知能のより多面的な把握や解釈が可能となります。

発達障害の特徴として、一般的に「得意なことと苦手なことの差が大きい」場合が多いため、WAIS-Ⅲの結果が凸凹を調べるヒントになるということなのです。

そのため、IQが高ければ良くて、低ければ悪い、というようなことではありません。

 

テストにどれぐらいの時間と費用ががかかるの?

WAIS-Ⅲは、臨床心理士が試験監督となり、原則1:1で、心理士さんからの質問に口頭や筆記で答えていきます。

態度や受け答えの早さなども見られているそうなので、自分の凸凹を知るためには、その辺りも肩の力を抜いて気負わずに素の自分の様子を見ていただくのがいいかもしれません。所要時間は多くの人が休憩含めて約2時間程度です。

費用は私の場合、保険適用で3,500円くらいでした。

結果が出るまでにどれぐらいの日数がかかるの?

試験の結果は試験から約2週間から1ヶ月程度かかる場合が多いようです。なので気長に待ちましょう!!

下位検査項目=検査内容

検査では、通常16種類のテストを受けます。

これを「下位検査項目」と呼び、または「下位検査項目」と呼びます。

・項目名:試験の内容 主な能力の内容
・単語 :単語の意味を答える 知識力、言語発達水準
・類似 :二種類の言葉の類似点を答える カテゴリー分けの思考力、説明力
・知識 :一般知識について説明する 一般知識力
・理解:日常生活のルールや常識について説明する 知識や経験を実践に活かせる力
・算数 :小学校高学年の算数の問題を暗算で解く 計算力
・数唱 :耳で聞いた数字をルールに則り復唱する 聴覚的な短期記憶力
・語音 :耳で聞いた数字や五十音をルールに則り復唱する 五十音、数字の順を整理する力
・配列 :イラストをストーリー順に並べかえる 結果を予測する力、時間的順序の理解力
・絵画 :一部が欠けたイラストを見せられ、足りない部分を指摘する 視覚刺激に反応する力、長期記憶力
・積木 :積木を見本通りに並べる 全体を部分に分解し、再構築する力。非言語的な概念を形成する力
・行列 :一部が空欄の図に、当てはまるパーツを探して当てはめる 類似点を探し出して推測する力
・記号 :見本の記号を、問題文の中から見つける 視覚的探索の速さ
・符号 :簡単な記号を見本通りに書き写す 指示に従う力。事務処理速度、視覚的短期記憶力
・組合せ :パズルを組み合わせて見本と同じ形を作る 思考の柔軟性、部分間の関係を予測する力

 

当日はこの16種類のテストを受けることになります。

回答内容や所要時間から心理士の先生が得点を計算し、それぞれに1~19点の点数がつけられます。

 IQ70以下が「知的障害」の判定基準の1つとなり、逆にIQ130以上も支援が必要になる場合があるそうです。

出典:WAIS-Ⅲとは?(1) - 成人ADHDが理想の生活を目指すブログ

私の検査結果

検査から3週間後、検査結果が主治医から伝えられました。

その検査がこちら。

f:id:nackk79:20180720001051j:plain

「IQ/ 群像数」を見てみると、「言語理解」が突出して高く、その他の「動作性IQ」「知覚統合」「処理速度」などの項目が低いのが見てとれます。これを棒グラフにするともっと分かりやすいのですが、このようにIQを構成する各要素の山と谷が大きいことなどが診断時に重視されます。

これまで私が味わってきた"生きづらさ"の根源がこれだど分かり、「もう自分自身を責めたりしなくていいんだ」と思いました。

処方せん  コンサータを服用

主治医は、集中力を高める薬を飲んで仕事のミスを減らすことにつなげることを目的に、ADHDの処方せんとしてメジャーな薬であるコンサータを私に処方しました。現在、日本ではこのコンサータの他に「ストラテラ」のふたつだけでしたが、2017年5月には「インチュニブ」も追加され、現在は3つの薬がADHDに処方できるようになったそうです。

コンサータの効果は?

コンサータは「メチルフェニデート塩酸塩」という成分の入った薬の販売名です。ADHDのある人に処方される飲み薬で、ADHDが原因であらわれる不注意、多動性、衝動性を改善させる効果があるんだとか。

日本国内ではコンサータ精神科医の誰でも処方できるわけではなく、認定された登録医しか処方できないことになっています。

h-navi.jp

 

ADHDを受け入れて生きる

かくして、ADHDと手をつないで生きる人生がはじまりました。

臨床心理士さんが検査結果の紙に書いてあったことは、結果に良し悪しがあるわけではなく、自分自身の得手不得手を明らかにして、自分自身を見つめなおすきっかけにしてほしいといった趣旨のコメントがありました。また、この数値だけで私という人間の価値すべてを表しているわけではない、とも書いてありました。

私は落ち込むことはありませんでした。

なぜなら前述したように、これまで生きてきて、苦い思いとともに味わってきた"生きづらさ"の原因が特定され、「あぁ、そうか。これからは自分自身を責めたりしなくていいんだ」と、自分自身を受け入れることができたからです。

なにより励みになったのは妻が私に言った言葉でした。

「たとえあなたがADHDだとしても、あなたはあなただもんね」

この一言が本当に嬉しく思いました。本当に一緒になってよかったって思いました。

ADHDは薬で改善することはありますが完全に治るものではありません。長い付き合いになりますが、今はADHDの自分なりの強みを生かして生きていきたいと思っているこの頃です。

エベレスト登頂することを決意するに至るまでまでの話②

こんにちは!直己です。

 

前回、エベレスト登頂を決意するまで①では、

突然の辞令により自分自身を見つめなおすきっかけができたことまでお話ししました。

続きをお話ししましょうー。

 

 

大人の発達障害  ADHDのことを知る

f:id:nackk79:20180715160324j:plain

役職解任の主な要因が自分の忘れっぽさだということになり、

上司からも「反省し、こうした失敗を減らす努力をするように」と言われました。

さらに、上司は「もしかしたら、なにか病気とかの要因があるのかなぁ」とボソッと口にしました。

 

その後、私は「忘れっぽいのは努力が足りないせいだ。自分はやっぱりダメなヤツだな。」と自分を責めて、自信を失いました。

 

一方で、上司が発した「病気」という言葉が気になった私は、スマホで「忘れっぽい  病気」とググってみました。

 

すると、"大人のためのADHDサイト"というウェブサイトが目にとまりました。

 

このウェブサイトでは、マンガでADHDのことを知ることができる内容になっています。

adhd.co.jp

 

私はこのマンガを読んで初めてADHDのことを知りました。そして、自分にもこのマンガで登場するADHDの症状で思いあたる節があったのです。

 

「もしかしたら、オレもADHD??」

 

そこで、そのウェブサイトのチェック診断を行なってみた結果、

私もADHDの症状を持っている可能性があることが分かりました。

adhd.co.jp

 

私のADHDの症状  

同時にいっぺんにこなせない 

f:id:nackk79:20180715161241j:plain

思い返してみると、私は同時に2つ3つのことをこなすこと、いわゆるマルチタスクが苦手です。忙しくなると、目の前の仕事を片付けづに未完了のまま、次の仕事に行ってしまい、清掃用具の片付け忘れや頼まれた作業を忘れてしまう、といったミスをよくしてしまうんです。

メモを取ることすら忘れてしまい、「あれ発注してくれた?」と聞かれて「あ〜!すみません…」と毎回平謝りするばかり。いつも自己嫌悪で苦しくなります。これまで自分は不器用な人に生まれたから仕方ない、と自分を納得させていました。

書類作成をするときは、自分の決めた青写真通りにやらなければ気がすまないんです。なので時間がかかり提出期限をいつも過ぎてしまいます。提出しても、書類の不備を指摘されてしまうのです。

会議やミーティングでは、いっぺんに大量の情報を伝達されると、パニックなって内容が頭に入ってこず、話が追えなくなってしまいます。会議中も落ち着かず、よく手足を動かしてしいます。

 空気が読めないヤツ

f:id:nackk79:20180715161937j:plain

昔から空気を読むのも苦手。

社長も出席するある会議で、突然意見を求められ、周りが「普通この会議でいまそれを相談しないでしょう」と思うことを言ってしまったこともあります。

私は思ったことをつい言ってしまうので、相手をイラッとさせ、「コイツはKYなヤツだな」と思う人が多かったことだと想像できます。

また、人が話しているのを遮って自分が話しはじめてしまうことも心当たりがありました。

 忘れ物は日常茶飯事

f:id:nackk79:20180715171315j:plain

幼い頃から忘れ物は日常茶飯事でした。以前、実家に帰ったときに自分の部屋で小学生の頃に書いた作文を見つけたので懐かしく思い、手にとって読んでみると、そこには修学旅行について書いてあったんです。

読んで驚いたのは、出発の朝、忘れ物をして母に学校まで大急ぎで届けてもらったことが書いてありました。

大人になった現在でも、旅行や登山に出かけると、ほんとうによく忘れ物や落し物などしてしまいます。

例えば登山靴のインソール、ジャケット、地図(これ忘れてどうする笑)、スマホ、Tシャツ、帽子、下着、などなど他にもたくさんあります。

優先順位をつけることが苦手

f:id:nackk79:20180715171744j:plain


物事に優先順位をつけるのも苦手でした。28歳の時、番組制作会社でADをやっていたんですが、まだその会社に働きはじめて間もない頃のこと。

制作の仕事はとにかくやることが非常に多いので、優先順位をつけながら仕事を進めるスキルは必須なわけです。しかし、それができずにあまりにやり忘れや抜けが多い私のありさまを見かねたディレクターが「○○くん、思考がとっ散らかり過ぎだよ!ちゃんとやるべきことをまず箇条書きにして、優先順位をつけていかなきゃ。」と叱ってくれたこともありました。

大した経験もないのにフリーでやってて、ディレクターはかなり面食らったと思います。きっと怪しい変なヤツだと思われていたに違いないと思います。

でも、それ以後、ディレクターからのアドバイスを実践したことによって、徐々に優先順位はつけて仕事ができるようになっていきました。今になって思えば、このときのことが活きているのだと思うと、感謝しています。

 片付けられない

私は整理整頓があまり得意ではないので、恥ずかしながら家では妻に手助けしてもらわないと物がなかなか片付けられません。

実家の自分の部屋は未だに捨てられず、整理ができていません。

好きなことはずっと集中できる

興味あることは「過集中」となり、何時間でもずっとやり続けられるんです。例えば、映像の編集をしているときなどは、ほとんどまともな食事を摂らずに8時間やっていても苦にはなりません。

 

家に帰り私は、今回の辞令を受けたことだけを妻には話しましたが、自分はADHDかもしれない、という話は言い出せず、結局話すことはできませんでした。

とにかく、後日病院に行って医者に相談してみることにしました。

 

ー次回に続く。

エベレスト登頂することを決意するに至るまでの話①

私がなぜエベレストを登頂することにしたのかー。

 

それを語る前に、

私は現在、ADHDという発達障害精神科医による治療を受けているんですが、

 

なぜ自分が治療に通うことになったのか、

まずはそれについて書きたいと思います!

 

 

辞令は突然にー。

f:id:nackk79:20180715074954j:plain

 

とある部署の役職についていた私は、ある日突然、役職解任の辞令を受けました。

 

辞令を告げられた瞬間、私は自分の耳を疑いました。

「え??…解任…??ウソだろ…。なんで…??」

辞令通知の紙に視線を落とすと、解任の文字が太めの字で貼りついていました。

あまりの突然の事に私は言葉を失い、戸惑いを隠せませんでした。

 

そのときの面談はショックで何を話したのかあまり覚えてません。あの場面はほんと夢に出てトラウマになりそうです。

 

ただ印象に残ったことがあって、解任の主な原因を聞いてみると、

業務での私の失念の多さを指摘する声を部署内からよく耳にする、ということでした。

そこで具体的にどんな内容か聞いてみたところ、

 

例えば私は、誰かからお願いを受けた仕事をやり忘れてしまったりすることが非常に多いという。

 

たしかに、元来不器用な私は、やらなくてはいけない目の前の仕事で頭がいっぱいになってしまい、何か作業をしているときに「あの件、どうしたらいいかな」などと考えはじめると、目の前のやるべき作業や道具の片付けなどを忘れてしまったりするのです。

 

この辞令が自分自信を改めて見つめなおすきっかけとなったんです。

 

→次回の記事

goodsun.hatenadiary.com

 

突然ですが、2023年、エベレスト登頂しました(未来宣言)

f:id:nackk79:20180715071603j:plain

2023年、エベレストに登頂しました

はじめまして。

 

突然ですが、セブンサミッターになりたいと思い、エベレストをはじめとする七大陸最高峰に登頂することにした直己(なおき)です。

 

題名が「2023年、エベレストに登頂しました」って書いたのは、

 

私の部屋には、死ぬまでにやりたいことリストが書いてあるノートがあるのですが、

そこに書かれている言葉は他人ではなく、いわば自分に向けた宣言。

 

この題名は、そのノートのページからいま猛烈にやりたいことを抜粋しました。

 

 

はっ?この人、正気なの?

そう思った方、まぁそれが普通です(笑)

 

私は現在、清掃の仕事をしている普通のサラリーマンです。

妻と二人暮らし。子供はいません。(作る予定もありません)

車は持ってないので、移動はもっぱら電車か自転車です。

 

そんな私がエベレスト登頂を目指すにあたり、

心がけるポイントは…

 

七大陸最高峰登頂への基本方針

◎必ず生きて妻のもとへ帰る!

 

◎本気!挫折禁止!

 

◎妻の理解を得ながら事を進める!

 

以上の3つです。

 

この3つの事項を念頭に2023年にエベレストをはじめとする七大陸最高峰に登頂をし、無事に下山してこようと思っています。

 

このブログは七大陸最高峰登頂奮闘記

私は決して几帳面な性格ではなく、非常に飽きっぽい性格です。

幼い頃に親に「やりたい!」って言って、

通った習い事は、ことごとく続かなかった。

 

だけど、登山だけはそうじゃない。

私の人生で登山をしない人生はもはや考えられない。

 

そんな飽きっぽい私がブログを書くこと自体がある意味挑戦でもあるのですが、

このブログでは、エベレスト登頂するまでの日々を書き綴っていきたいと思います。

 

エベレストを目指すにあたり、アドバイスなどありましたら、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。